2008年05月20日

★なーんか軽々したオーラが見えます@ラストなバルサ★ペップ監督てば期待しちゃっていいですかっっ(涙)★

●リーガ・エスパニョーラ 第38節 ムルシア対バルセロナ 3−5

というわけで、やっと観ましたリーガ最終節。ムルシア戦。
終わりですねぇ〜今年も。
長かった・・・のか
短かった・・・のか。はてさて。

ともあれこの試合はさすがにバルサのみんなを包む雰囲気も何やら軽い感じで
入場前にはプジとアビダルがパラパラして遊んでるし(違うだろー)
ベンチの様子が何度も抜かれてましたが、まぁライカーとエウゼビオの開放感が凄くて思わずこちらも笑ってしまいましたね。
まったくもー。アンタら正直過ぎ(笑)。

しかしまぁ。ライカーの笑顔の可愛いこと!!
この人にはねー、バルサみたいに生き馬の目を抜くような修羅場な職場じゃなくて、
もっともっとのんびりした職場が合うと思うわー。ホントーに。

でもって試合はといえば、なんつってもウチのスティーブン・セガールが大忙しで(汗)。
ムルシアのみなさんは、プレスは緩いんだけどカウンターはなかなかだよね。
早い時間帯から結構ヤバかったなぁ。
バルサもまぁ、なんていうかな、七分くらいのやる気とコンディションって感じだったけど、
それなりに繋げてる、ような、その、えと、ビミョーな雰囲気で、
いや、でも、まぁまぁ、いけてる、ような、えと、えと、、、、

・・・ん〜。。。。。

まぁ出来はともかく(汗)、なんかねー、いい意味で淡々と、気負わずにやってる感じがね、フラットで軽いその雰囲気がね、新鮮でしたね。
ピッチにはロニーもデコもマルケスもエジも、イニさえいないんですけども。
でも、妙に一体感があるような。
ないような(涙)。

でもでもでもー、ジオバンニ君が頑張ってハットトリックですよ!
偉いっ!あんたは偉いっ!!
代理人のことや家族のことでなんやかんや言われて、ことあるごとにボヤン君と較べられて、
それでもクサらないでピッチでは全力尽くして。
オトナだってこんな風になかなか出来ないぞ。
っつーか、オトナだから出来ないのか?

エトーさんが点を入れたときに、ジオバンニ君はゴール前で相手DFを釣ってくれたんだよね。
エトーさんからのパスは、それのお礼だったのかなぁ?

でもさ。

エトーさん、笑顔なかったね(涙)。
ゴールしても笑顔のないエトーさんを見て悲しかった。
こんなに頑張ってるのに、なんでカンプノウのお客さん達は前節もエトーさんにブーイングしたんだろう。
可哀想過ぎだ。やりすぎだよ。。。。

そしてグッディ。
グッディも笑顔ナシ(涙)。
試合の序盤からちょっと動きがヘンだったね。
クラシコで痛めたところ、まだ治ってなかったんじゃないかなぁ。
ヒゲもボーボーだし(・・って関係ないから)。

まーる、グッディがバルサのユニを着ているのを見るのが、
これが最後になるのか?え?どうなの?どうなの?ってずっと思って観てました。
プレミアに帰るのかな。どうするのかな、グッディ。

グッディはさ、本当にバルサのために頑張ってくれたよね。
自分がどうしたらチームの役に立てるのか、それだけを追い求めてくれたよね。
去年、必死に必死に頑張ってるのに、試合で貢献できなくて泣いて帰ったグッディ。
エトーさんが帰ってきてアンリがやってきて、試合に出られなくなったら、自分から中盤で働くことを提案してくれたよね。
EUROの予選が始まって、アイスランドが予選突破出来ないことになったとき、代表の試合を蹴ってバルサに残ってくれた。
親子二代でアイスランドの代表キャプテンを担ってきた、そんなアイスランドの英雄がバルサのためにしてくれたこと。
忘れちゃいけねーぞと思います。

バルサではさ、ろくな練習もさせてやれないで、過去のスキルを吐き出させるだけで、新たなスキルの積み上げも底上げもさせてやれないで、
今年はとうとうろくな場面で使ってやれなくて、ホントごめん。
この2年間、苦しい思い、嫌な思いさせてごめんよ。
長かったよね。いや。短かった・・かな?

グッディのそのひたむきさ、真摯な眼差し、流した汗、まーる忘れないよ。
忘れようにも忘れられっこない。
サッカー選手である前に、人間として、本当に尊敬しています。
だから、
もしプレミアに帰ったとしても、ひょんなことからセリエに行っちゃったりしても、
リーガに残ったとしても、なにがどうあろうとも、
グッディ、頑張れ。頑張れ頑張れ。
応援してるよ愛しているよ。
そしていつの日か、そのボーボーなヒゲを剃るオファーが届きますように!!(一生来ないですからーー!!)


というわけで、グッディに負けず劣らず真摯な男、プジョル。
今日の試合でも、何気にセットプレーで何度もボールに絡んでいたプジ。
ムルシアのみなさんに肘鉄サンドイッチされて痛むプジ。
ヘディングしたボールが目の前の地面にものすごい勢いでたたきつけられていて、どんだけ首強ぇんだよとまーるの目を点にしてくれるプジ。
勝手にジャンプして勝手に転んで、なのに割としつこく文句を言い続けるプジ。

プジ。世界一。です。
何がどうとか、どこがどうとか、カンケーなく。
多分、世界一。です。(意味不明)

プジ。今年も本当にお疲れ様でした。
去年の今頃、来季はプジを苦しめないように、泣かせないようにって思ったのに、
今年は去年より苦しめてしまったかもしれないね。

去年のリーガが終わって、日にちもあけずに南アフリカへ集金ツアーへ連れて行かれて、そこであんな大怪我しちまって、
それを半ば無理やり念力で治して(えぇっ?!)コンディション調整もそこそこに試合出てきて、SBもCBもやって。

頑張ったよ。いつだって身体張って精一杯やったよ。

そんな、いつも文字通り精一杯やってるプジ。
だから、そんなプジにこの2年間、ろくな練習させてやれなかったことが(しつこい)
ただでさえ不器用なプジに、スキルの上積みをさせてやれなかったことが(まだ言うか)
本当に申し訳なくて口惜しくて・・・。
29歳、30歳・・・。経験と体力とが結実していく、いわばピークの時期を、こんな風に過ごすことになるなんて。

まーるがモウに来て欲しかったのはそれです。
真面目な話、モウが来たらリーガ優勝出来るんじゃねーかとか、大耳獲れるかもしれねーとか、そんなの関係なくて(えぇっっ?!)
プジに、イニに、新鮮で力強いスキルを、知識の上積みを、骨太なメンタリティを、モウから吸収して欲しかったんです。そのためのモウ。モウのスキル。

プジにはもう伸びしろがないなんて言わせない
イニが便利屋だなんて言わせない
デコが劣化したなんて言わせない


だって、みんなまだまだやれるもん!!やれないわけがないもん!!!
だから、だから一刻も早くモウに来て欲しかったんです。
ホントは去年の今頃も、飴なんかブッちぎって来て欲しかったです。まーるは。ホントに。

でもでもでもでも!!!

聞けば、ペップ監督もカンテラではかなりな勢いでモウっぽくやってたそうではあーりませんかっ!
対戦相手の事前研究はもちろん、多分この2年間ほとんどやってなかった(これは賭けてもいい!)反省会も当たり前のようにやってるらしいし、
練習にも熱が入ってるらしいし、モラルについても相当高いものを要求してるらしいし!

いいねいいね〜〜〜!!
うぅ〜〜〜ん、期待しちゃうよ〜〜〜!!!!

あぁ神様、
願わくば、ペップ・バルサにデコの名前がありますように!!
アンデルソン・ルイス・デ・ソウザ
背番号20
この素晴らしい選手がブラウグラナのユニにもう一度袖を通す日が来ますように!!


極東よりバルセロナへ愛をこめて
エジはビジャレアル、決まりかな?
サンティはどこ、行っちゃうのかな?
願わくば、その道の先に光が溢れていることを
もう一度、それぞれがそれぞれの場所で輝けますようにと
本当に、願っています。
頑張れ!頑張れ!頑張れ!
posted by まーる at 22:44| Comment(6) | TrackBack(0) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
終りましたね・・・まずライカーにはお疲れ様をいいたいですね。で、ゆっくり休んで欲しいです。ここ何年かは何も考えずに休むことはできなかったのじゃないのかなと思うんで・・・ライカーがバルサを去るニュースを見たとき、涙がでました・・・もう何日関連ニュースを見たら涙ぐんだか・・最後の言葉まで彼らしい・・私もバルサより伸び伸びできるクラブが彼にはあってると思います。シャビのコメントも泣かせるし・・・
にしても現地のクレやメディアには正直いって腹たちます。あんなに選手を非難したのだから最後ぐらい応援して欲しかったです。近くにいるからわかりづらいのかな。もうね、日本にいてると現地の人たちが羨まし過ぎる!私が変わりにいきたい!行ってがんばったよとか言葉をかけたい!
はっきりいって悔しい!応援している人必要としている人がまだまだ一杯いるんだと伝えたいです。
最後になりましたが、ライカーを始めテクニコ・選手たち本当につらかったでしょうが、頑張ってくれました。お疲れ様です。
Posted by もきゅもきゅ at 2008年05月21日 19:33
もきゅもきゅさん、こんばんは!!
お返事遅れてゴメンナサイっっ!

>もう何日関連ニュースを見たら涙ぐんだか

そうですか〜。もきゅもきゅさんは本当にライカー愛が深いんですね(涙)
優しいなぁ。。。
私は素晴らしかったシーズンを知らないので、なかなかライカー愛は深められませんでしたが、でもあの笑顔をみるとつくづくライカールトっていい人なんだろうなって思います。
いつもあんな笑顔でいられるような、そんなほのぼのした環境で仕事できたら、その方がライカーにも周りにもきっといいだろうなって思っちゃいました。

>現地のクレやメディアには正直いって腹たちます

そうそう!!私も現地のメディアは酷すぎると思う!そしてそれに流されるクレも、愛情故だとは思いますが、もっと冷静になってほしいですよね。
選手って結局、ピッチの上で人生全て晒してるわけですもんね。それを全否定するようなブーイングって、割りに合わな過ぎると思います。可哀想だー。本当に。。。。

>現地の人たちが羨まし過ぎる

そうですね!手の届くところにバルサのみんながいるなんて、なんて素晴らしいんでしょう!!
来季こそ練習見に行くぞーー!!と思ってたらデコが、デコが。。。。(絶句)

去年のオフもジオ、ジュリ、ベレッチがいなくなってショックだったのに、
このオフもまた寂しい思いするかと思うとなんだかなーって感じです。。。。

ともあれ、本当にお疲れ様でしたね、バルサのみんな。このオフ、ちゃんと休めるように、無理っぽいけど、そう願ってます。

そして来季も、もきゅもきゅさん、一緒にバルサ愛で応援しましょうね〜♪
Posted by まーる at 2008年05月22日 19:42
お返事ありがとうございます。ぶっちゃけ私はバルサが良い時代というものを知らないのです・・・ロニーがバルセロナの選手ということでバルセロナを知ったのです。だから戦術などもぜんぜん知らないのですよ・・でも、メッシがチェルシー線(2ndレグ)で肉離れを起こしたとき抱きしめていた姿が印象で。
そこからライカーはきっと良い人なんだと勝手に思ってたんです(笑)
バルサは魅力的なサッカーが信条なら本当は勝ち負けなんてどーでもいいんだろうと思います。魅力的なサッカーでは毎試合勝つことは不可能ですし・・それでもレアルと同じく百年も愛されているのはそのフットボールの内容でしょう。近年、日本にも大きく注目されることになりビジネス面が大きくなってしまい、ゆっくりプレイできることが難しくなってきたんだろうなと思います。
クレの方たちの愛情もわかるのですが、端から見てるともうちょっと冷静にみたほうがいいのではないかと(汗)団体で集まってしまうとどうも・・・
まあ何年先かもしかして生きているうちに拝めないかもしれませんが、また魅力的なフットボールをしてくれると信じています。デコがいなくなっても私もまーるさんと同じくバルサ愛で応援します。
長くなってしまってすいません。
Posted by もきゅもきゅ at 2008年05月22日 22:40
お〜、お久しぶりです!
生きておったか。安心しました(笑)
Posted by kanappe at 2008年05月22日 23:05
もきゅもきゅさん、おはよーございます♪

そうですかー。

>チェルシー線(2ndレグ)

ということは、05-06から。。ということですかね。
多分、近年の話でいえば充分「良い時代」なのでしょうね!
いいなぁ〜!ベレッチのゴール、リアルタイムで見られたのでは??

>ビジネス面が大きくなって

というのは本当にやりきれないですよね。
ラポルタの手腕で財政建て直しができたのはよかったんでしょうが、
やっぱり失ったものも大きいような、気はしますよね。
こればかりは表裏一体なのでなんともいえないですけど、あとはフロントが選手をどれだけ大切にするか、
モラルの問題になってきてますものね。

ともあれ、あとはとにかく復活あるのみですが、

>生きているうちに拝めないかもしれませんが

って、もきゅもきゅさん!大丈夫ですよっ!!
きっとイケます!根拠ないけど(汗)

こんなクラブ、世界に二つとないですもんね。
見守るだけってけっこうしんどいですけど、来季も頑張りましょうっっ!!
Posted by まーる at 2008年05月23日 06:58
kanappeさんっっ!!おはよーーです!!

とりあえず生きてましたぜ〜!!

しかしこのタイミングで遊びに来てくれるとは、やっぱり神様っているんだなー!
・・・というのも、実はバトンをお渡ししようと準備しとったのですわ。(イヒヒヒ・・)

というわけで、近々にお邪魔しますのでどうぞどうぞ宜しくお願いもーしあげますっ♪♪♪
Posted by まーる at 2008年05月23日 07:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。