2008年05月10日

雑感:クラシコ以後

ラウール、カッコイイナー

ガゴ、スゴイナー

アリエン、オモシロイナー


注:アリエンのオデコペチペチパフォーマンスは自虐ネタではありませんでした。



というわけで。

バルサの新監督が決まりまして。
グアルディオラさんは、まーる、全然知らないんですけども(涙)。
これでガッツ・エンリケ兄さんの入閣が決まったと思っていーんでしょーかね。
期待してしまいまふ。プジのためにも。

そして。

ライカー、さようなら。
優しいお兄さんとお別れですね、バルサのみんな。
次にどこかで会うときは、
ひょっとしたら優しいお兄さんは逞しいお父さんへと進化してるかもしれない。
だったらいいよね。ホントに。
そうでなきゃ嘘だろと、思います。

一年前、優勝が遠くなりつつある頃、
「まだあと4試合ある。それに全て勝つ。
 まだ終わっちゃいないよ、ミステル!」と訴えたプジ。
その肩を抱きながら、唇を噛み締めていたライカー。
せめて、あのときの気持ちだけでも持っていって欲しいと、そう思います。

考えてみれば、まーるがバルサを知ったのは2006年の秋。
とうとうまーるは、ライカーのいいとこ、あんまり見つけられずに終わってしまいました。。。。

一方、ペップ監督ですが。
現状の継承を目的とした監督人事を断行しておきながら、
勝利だけは必須というこの矛盾だらけの無理難題に立ち向かわなければいけないペップ監督の、
その前途の多難さを思うと、ほんとーにほんとーーーーに申し訳ない感じではありますが(号泣)
とにかく頑張ってくれと。耐えてくれと。
祈るしかないわけで。

あとは。
選手のみんながどれだけ覚醒してくれるか。
ただただ待つのみってことで。
また待つのか。しんどいなー。
でも期待、しちゃうよなー。しちゃうよやっぱり!


それにしても。

モウは、ホントはバルサを指揮したいんだろうに。
大好きな4−3−3で、攻撃的に、最高の選手を揃えて、
バリバリやってみたいんだろうに。なぁ。

スタッフも全部自前でなきゃイヤだったり、
フロントが一枚岩でモウに全幅の信頼を寄せてなきゃイヤだったり、
その気持ちはものすごーーーくわかりますが。
それくらいしないとこの仕事、やってられねーってことはわかりますが。
ここはひとつ清濁併せ呑む感じで、
細かいこと(じゃないけどな)気にしないで、バルサに来て欲しかったですねぇ。
なんつーか、「だからどーした!勝てばいーんだろ!!」くらいの勢いで来て欲しかったですけどねぇ。(勢いだけじゃ勝てないしな)

っつーか、大馬鹿ジョアンが呼ばなかったんだろーけど。

ジョアンはもう既に政治家になっちゃってて、
多分、ベルルスコーニになりたい感じなのかもしれないし。
まったく。自分が利口だと思ってる馬鹿って、本当にタチ悪いなぁ〜。。。。


極東よりバルセロナへ愛をこめて
プジだって たまにはフツーに タマよける

ああああああ愛してるよプジ〜〜!!!
posted by まーる at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。