2007年12月24日

でもって再び:★クラシコ敗戦で今年のクリスマス・イブはかなり哀しくなっちゃったわけですがそれでもやっぱりバルサが好きだなって思うのはひょっとしてMですかね★

●リーガ・エスパニョーラ 第17節 バルセロナ対レアルマドリード 0−1

えーっと。(汗)
負けましたね。負けちゃいましたね。
でもね。
いい試合してたですよ。うん。少なくとも前半なんか両チームの攻防が面白くて面白くてもう「あっ!!」という間の45分!
後半どうなることか、もう選手の神経が焼き切れちゃうんじゃないかと心配になるくらいでしたが。。。。

というわけで気になるスタメン。

      エトー
  ロニー     イニ坊

    デコ   シャビ

      ヤヤ

エリック ガビ ラファ プジ

      VV

イニ坊を右に起用。
まーる的にはラファ底で、今日はプジCBが良かったかななんて。
実はまーる、ロビーニョが怖かったりして。(なんて弱気)
でもまぁ、エインセ兄さんとカピタンの顔合わせもありそうなカピタン右ラテも悪くないよね♪   

でもって試合はといいますと、例によってボール持たされ加減のバルサの滑り出し。レアルはあらかじめ予定されていたであろうドン引き作戦を手堅く実行しているわけです。
そんなわけで前線にボールがなかなか入らないバルサ。もどかしい時間が過ぎていくわけですが。
がしかーし!
20分過ぎからのバルサの猛攻は凄かったわけですよ!
ボールを触れていなかったイニ坊もポジションチェンジしながらどんどん参加、
29分にはイニ坊からの素晴らしいスルーパスにエトーがシュート!これをカシージャスが弾いたところにイニ坊駆けつけ「これはイケル!」と叫んだ・・・かどうかは定かでないけど(ないない)二人接触してイニ坊くるりと1回転!!
「PKあり?なし?どーよどーよ?!」的な眼差しでセルヒオ・ラモスを見上げるイニ坊がどうしようもなく可愛かったりするわけで。(涙)
こんなイニ坊に健気強化月間の週間健気表彰を差し上げたいと。猛烈に差し上げたいと。(涙)
そんな妄想が膨らむ33分、イニ坊が縦に切り込んでグラウンダーのクロス、エトーを囮にロニーのそしてデコのシュートが炸裂したとこも凄かった!!
この後揃って給水するデコとイニ坊。なんだか行動もどんどん似てきて楽しい♪

そして、レアルのしぶとい守備陣を背中になかなか前を向けないエトー兄さん。そこをド根性でなんとかこじあけようと踏ん張るエトー兄さんを頼ってぼんぼこぼんぼこロングボールが入る入る(激汗)
それをまたゴールにつなげようとするエトー兄さん。激務です。なんてきっついミッションなんでしょうか。うぅ。。。(涙)

でもって、今日はエトー兄さんと同様やっぱりトップフォームでないデコですが、
それでも前線からの素早いチェックやインターセプトで貢献。この献身が泣けますね。たまらんですよ。スルーパスだって失敗に終わってもめげないで頑張るその気持ちが嬉しいんだなこれが。
プジョルのクロスに合わせてゴール前突っ込んで行くデコの背中の20番。うーん、感無量。
やっぱりデコがいなきゃ。いなきゃなんですよ。

DF陣もね、前半はなんていうか「ギリギリの一歩手前」くらいの感じでものすごーーく頑張ってて。
去年みたいにズタズタにならないで集中してお互い連携して、実はまーる、結構感動してました。美しいなって思ってました。
そりゃ穴がないわけじゃないし、ガビもプジョルも吊り出されて裏が空いたりしてるけど、
それは、やらないわけにいかないことなんだから仕方ないと思うんですわ。
そこを動いて連動してフォローし合うのが最終ラインじゃないかなって。今日はね、少なくとも前半はね、それが見えた・・あるいは見えたような気がしてね、すっごい嬉しかったわけですね。

だからね、1点取られても正直「あれは仕方ない」って思ったわけです。
だってあんな風にさー、バルサのお株とったみたいにすんごいかっこよくダイレクトで繋がれたらもうどーしよーもないって。
馬もバチもあれは馬かった・・もとい!上手かった!(寒)
すっごい悔しいけど。
でもね。
この失点のときにデコが「ふふーんだ!」みたいな「何かあったの?」みたいな顔してるのが頼もしいというか笑っちゃうというか。デコらしさ全開でこれまた嬉しいわけで♪

でもって後半。
カピタンが身体を投げ出してゴール前を守る。これも今日何度目かな。(号泣)
レアルね、正直、チームとしていい状態なんだなって、それは感じますよねー。頭きちゃうけどね。
ピッチにいる11人がやるべきことをわかってるような。少なくとも地に足ついてるなって、そういう気がしますね。

そして50分。辛抱の時間帯に突入。
前半に出来てたことがちょっとやりずらくなってるけど、ここは辛抱辛抱。根気良くやって行かなきゃね。失敗してもめげないことが大事ですぞー!と、自分の日常を棚に上げて言ってみる午前4時。
後から思うと、ここんとこで一番焦ってたのはライカーだったんだろうなと。
多分、ある意味世界で一番、この試合で負けたくなかったのはライカーだったんじゃないかなと思ったり。
この焦りがライカーを暴挙に駆り立てたに違いないぞ。(膨らむ妄想)
そう、まさかの交代劇、これはまさに暴挙。

なんとライカー、デコを下げるて。

わかってない、アンタ何もわかってないよライカー!!!(と勢いで言ってみる)
もうね、デコとジオバンニの交代の電光掲示板見てめまいした。
ものすごーーーーーくいやぁーーーな予感した。。。。

ここからバルサの迷走が始まったと言っていいと思う。
象徴的だったのは60分。
ボールを持ったイニ坊が、出しどころを探してクルクルと廻る廻る・・。切ねぇ〜〜っっ・・・!!(号泣)
そしてラウルと接触して激しく痛んだカピタンが、一度はピッチに戻ったものの75分過ぎにザンブロと交代。
あぁ、カピタン!貴方も行ってしまうのですかぁぁぁ・・。(号泣)

でもねでもね、この間、意地を見せるイニ坊ですよ!
走って運んで切り込んで守って。熱い。熱いです。イニ坊がシャイなんて誰が言ったの?!くらいに男気全開です。デコの勝者のメンタリティががっつり引き継がれてるぜデコぉ!よかったなぁ、おいおいおい。。。(涙)

がしかし。
そんな切ないイニ坊の頑張りの中。

は?シャビ下げるて。

ちょっと待て。
デコもシャビもいないピッチってどーよ。どーなのよ。
ロニーを中盤に下げて、それってどーなのよ。
そりゃまーるはイニ坊出して欲しさにロニーを1枚下げればいーじゃんみたいなこと言ったりしてるけどもさ(汗)
ロニーだけ下がってきても困るぞおい。マジで。
よほどロニーが守備してくれないとダメじゃん。そんなこと行き当たりばったりに要求して、それってどーなのよ。。。。

そんなまーるの疑問をよそにピッチの上ではイニ坊がヤヤがガビが、前線のコドモ達もトップフォームから程遠いであろうエトーも汗びっしょりで頑張ってるわけで。
みんなの必死さが伝わってきていやはやほんとにまったくもって参っちゃうよなぁ〜。。。。
そして何故かロスタイム4分の表示のところを3分ちょっとで試合は終了。

負けちゃいました。バルサ。レアル、いい感じでした。。。

バルサさー。どうしちゃったのかなー。
少なくとも前半はいい試合だったのは確かなんだけど。
悪くなるときのパターンて決まってるよね。
ひとつひとつのプレーが見事なまでに行き当たりバッタリの個人技だのみになっちゃって。
あれだけ毎日ロンドで練習してるってのにダイレクトで繋ぐあの芸術的なパスは見る影もないし。
実況の人が図らずも「パスの速度が遅い気がする」と指摘して解説N氏に速攻で否定されていたけど、これ、当たってるよね。
05-06シーズンのCLの試合なんか見たらひと目でわかるけど、確かにパスの速さもパス出しの速さも全然違うもん。

なんで出来てたことが出来なくなっちゃうのかなー。
いまさらW杯の疲れとはいえないだろうし。
モチベーションの問題?アグレッシブさが足りない?
何がいけないんだろう?どうしてすぐに崩れちゃうんだろう?
もう1年半以上も同じことしてるような気がする。。。。
それにね。
90分間の闘いの中、選手を信じきれない監督。
これってイチバンやばくないか?

イヤイヤイヤイヤ参ったな。これでレアルと7ポイント差。
痛いね。
乗り越えられない壁じゃないとは思うけど。キっツイよなぁ。。。

極東よりバルセロナへ愛をこめて
オレゲールとクロッサス君がヒゲヒゲコンビでメシ食ってるのが唯一のほのぼのポイントだったかもしれないし、
カピタンとガビが言葉少なにやりとりする姿は男気ポイントだし、
ベンチの奥から厳しい顔で試合を見つめるグッディの眼差しはひたむきポイントだしね、
白い兎がいたのは何気にアルヘンポイントだし、
なにはともあれ、とにもかくにも、

メリー・クリスマス(号泣)

バルサのみんなに癒しがもたらされますことを・・・グスン。てやんでぃっ、ちくひょーっ。。。
posted by まーる at 05:27| Comment(2) | TrackBack(2) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャンピオンズを獲った年は実は昨年の春の話だということに、さっき気がつきました。
全く別のチームで引きました。
未完成のチームが、素晴らしいプレーをしたり我慢したりして、勝負強く勝ち進み、ラーションやエトオやロナウジーニョが、夢のあるプレーを散りばめながら、時に獣の様に相手に襲い掛かるのを見て、大人なのに、あられちゃんばりにわくわくしてました。

練習不足と慢心だと思うので、精進すれば良いだけだと、今でも思ってるんですが、指導する側がすっかりぼんくらなので、おさき真っ暗だと思っています。

明日も今日の風が吹きそうで、未来が見えない悲しさで胸がいっぱいです。
Posted by flavancha at 2007年12月26日 01:19
flavanchaさん、ご足労ありがとうございますっ!

このクラシコ後、もうバルサのことばかり考えています。ちょっととりつかれたみたいで、自分でも呆れるくらいです。
これからどうなるのか、どうしたらいいのか。
考えたってどうなるわけでもないんですけど、暇さえあればそこへ頭がいってしまいます。

普段から思い込みのハゲしいタチではありますが、その思い入れを嫌が応にも加速させてくれるライカールト達ぼんくら首脳陣!
貴重な選手の時間をただただ浪費するのみ(に見える!)の、その神経がたまらなく腹立たしくて、
今この瞬間にも、ぼんくら共がのうのうと休暇をとっているのかと想像するだけではらわたが煮える気がします。

ちょっとオカシイかもしれません、わたし。

とにかく、どうにかして打開して欲しいです。今シーズンの残り半分は百歩どころか一万歩譲ってこのままいくとしても、
来季は、来季こそは絶対に同じことを繰り返してくれるなと、
ただただただただ、思っています。(仕事中に)

やりきれませんね。たまらないです。。。。

Posted by まーる at 2007年12月27日 14:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

悪い夢のようなクラシコ
Excerpt: とうとう昨夜は一晩中、38度あたりをウロウロ。 夜中に高熱を出すなんて幼稚園児かと思っちゃう。 なんとかクラシコは観たものの..... なんなの、あの試合は! バルサ負けました....
Weblog: 活字は絵空事の足あと
Tracked: 2007-12-25 01:05

■fcb Real Madorid 鈴木蘭々「なんでなんでなんで」
Excerpt: 鈴木蘭々「なんでなんでなんで」 今週のTOWER RECORDS RECOMMENDは鈴木らんらんさんのnew single「なんでなんでなんで」でした。 ■シュステルマドリー勝ち点7個上 ..
Weblog: 力   櫻
Tracked: 2007-12-26 01:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。