2007年04月13日

★疲れても アンセム聴いて 元気出る★観てないけどスゴイことになってるらしいヨ!!★

というわけで、まだCL準々決勝の試合も全然観られていないまーるです。何故だ!何故放映してくれないのですかB○TVさん!J-SPORTSさん本体は放送してくれているのにぃ・・ぐすん。。。放映権の問題ですか。んもう。どこもかしこもオトナの事情ばっかりだ。ったく世の中カネカネカネ・・。あぁあぁやだわもう・・(と言いつつおカネさんとは出来れば死ぬまで仲良しでいたいけど)

なもんで。
2nd-legはこれから観られると信じるとして、とうとう4強揃いましたね!!

チェルシー
リバプール
マンチェスター・ユナイテッド
ミラン

そうかー。プレミア勢強いなぁ〜。
にしてもね!バレンシア、勝って欲しかったなぁぁぁ・・!!
なんでかな、チェルシーが勝ってもどーにも素直に喜べんのだけど。
しかも今回、またロスタイムで逆転したらしいし。バレンシアのサポさん達の気持ちを考えると、バルサが負けたときのあの口惜しさが戻ってくる気がするよね!
まーる、カルバーリョもシェフチェンコもランパードもマケレレも好きだけど、そこら辺を打ち消して余りあるA.コール、J.コール、ドログバの小憎らしさね。ったくおまいらはー。

でもでもー、夜の匂いを纏ったキケ・フローレス監督とモウリーニョ(←何故か呼び捨て)のヴァンパイア対決は、文句なしにキケが勝ってたんだけどなぁ(意味不明)
あーあ。あーあ。バレンシア、ホントにねー、いいチームだかんねー。勝たせてあげたかったよなぁぁ・・。

そしてマンU!
なんだかもー、どえらいことになってたそうで!
これはさー、オールドトラッドフォードの両チームのサポさん達、貴重な試合観ちゃったよね!
1試合で7点。もう、言葉ないよねー。ローマのみんな、しんどかっただろうなぁ〜!それともあまりの出来事にしんどさもブッ飛んだだろうか??

リバプール、ミランもそれぞれ熱戦を下して4強入り。
み、観たい。とにかく観たいよな。

というわけで、番組表のバージョン変更で見辛いことこの上ない番組表となってしまったり、オトナの事情で観たい試合も放映されない、そんなB○TVさんの塩っぱいサービスに涙しながら、ひたすら目指す試合の放映を心待ちにしようと思います。

極東より欧州へ愛をこめて
でもやっぱりモウリーニョ、ちょっとだけバルサに来て欲しい気がしなくなくもなくもなくもな・・・・(動揺しつつf.o)
posted by まーる at 01:17| Comment(5) | TrackBack(0) | UEFAチャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
UEFAチャンピオンズリーグ、私もニュースで結果を見るしかない人ですが、ホントに凄いことになっていますね。

でも4強のうち3チームまでイングランド勢が独占というのはちょっといただけませんな。
ここはミランに踏ん張ってもらって、決勝に進んで欲しいと思っております。
そしてミランと対戦するのは、どちらかと言うとチェルシーを希望。
別段チェルシーに思い入れはありませんが、カルバリョ1人のためにチェルシー希望。

マンUにはクリリンがいますが彼はまだ若いし、この先いくらでも出られるでしょう。
そのマンU対ローマ戦についても「ハァ?(; ゚д゚)ポカーン」としばし開いた口がふさがりませんでした。
いくらホームでも勝ち過ぎだと。ちょっとは相手の立場も考えろと思いましたね。>マンU
それもまたゲームだからしょうがないんですが、トッティがともかく気の毒で。
トッティにも殊更思い入れはありませんけど、ちょっとした理由で他人と思えないのです。
実は我々2人とも坐骨神経痛持ち……(脱兎の如く逃走)
Posted by oka at 2007年04月13日 23:14
・・・ぬぉっ!!(←尻尾を捕まえたところ)
おっと逃がしませんゼ旦那ァ。ヒ〜ッヒッヒッヒ・・♪

という訳でようおこしやすoka様!
いやはや。そこかしこで「プレミアと一緒じゃん!」というブーイングが沸き起こっているCLベスト4。確かに、こうなったらガッちゃんミランになんとか決勝まで行って欲しいですよねー!せっかくのCLだものなー!

まーるもやっぱり元ポルト勢のよしみ(って、まるで選手のつもりww)でカルバーリョ贔屓しちゃいますねー♪
でもポルトはポルトでもモウリーニョのことになると、ある時は「やっぱりモウ愛もアリかなー♪」とテンション上がったり、ある時は「ったくモウは!」と小憎らしさ満載だったり、愛憎相半ばしとります。ん〜、でも結局好きなのかもなぁ・・。

モウリーニョって監督としての能力はとても高いと思うんですよねー。多分。
いずれまたデコとか、元ポルトの面々と一緒に仕事してくれたらなぁと、淡い淡〜〜い期待をしちゃてるんですけどね。でもバレンテはもう32歳だから、モウがポルトガル代表監督になる頃にはひょっとして引退しちゃってるかギリギリ間に合うか、どうかな。。。

そうそう!!マンUはしかし、点獲り過ぎですな。いや、マンUサポさん達にしたらもうたまらんことこの上ない試合だっただろうし、それはそれですごーく「よかったね〜!」なところではあるし、7点も入った試合ってやっぱりそりゃ観てみたいんですけどね。
バルサ黄金時代を築いたかのヨハン・クライフは「4点目は外すのがプロ」という美学を語ってたそうです。(なんだろ。なんかムズムズするけどなー。)

ところでokaさんたら坐骨神経痛をお持ちなので??えーと、不勉強で詳しく知らないのですが「神経痛」って相当痛そうで辛そうな感じですね。でもって「坐骨」となればやっぱりお尻の辺りですか?なんだろ、軟骨が飛びでちゃったとか??
まーるの上司が頚椎のヘルニアで、部位から言って手術も出来ないらしく薬と首の牽引と体操で症状を緩和するしかないらしいんですが、もうしょっちゅう痛がっていて辛そうです。okaさんもいつも痛いのですか??なんとか治って欲しいけど、難しいのかなぁ〜?
まーるが優秀な神経外科医だったらねー、充分過ぎる熱意を持って執刀して差し上げられるのだが、どうだろう、医師免許なんてこの際・・・

・・・ん??結局逃げられたか!!
Posted by まーる at 2007年04月14日 00:09
あ!oka様、まーる間違えました!
ヨハン・クライフの言葉はねー、
「4点目はポストを狙う」だった!

・・ムフ♪ムフフ・・♪
カッコイイんだけど、なーんかこっちが照れるのはなんでかなー?
Posted by まーる at 2007年04月14日 00:53
坐骨神経痛、知らずにすめば幸運です。あの病気は経験しないに限りますよ。
ちょっと動くだけでも腰から足のつま先まで、まるで電気を流すように痛みがビリビリ走るのです。
当然ながら日常生活にも大きな支障をきたします。
この病を患っていて、しかもサッカーまでするなど考えられません。もう休んでなさいって感じ>トッティ
私が坐骨神経痛の診断を受けたのは3〜4年前だったかと思いますが、最初は痛くて病院に行くのさえやっとでした(車を運転して行った私は合理的というべきか、それとも単に無謀か)。
そのときは痛み止めの飲み薬や湿布、あと牽引(機械で腰を引っ張って伸ばしてもらうこと)ぐらいしてもらったんだったかな?治療の甲斐あって軽快し、以降はそこまで酷い痛みはでておりません。
ただ、若年から腰痛持ちでもあるので、いつビッグウェーブが来るかわかりません。
日頃から用心しておくに越したことはありませんね。
Posted by oka at 2007年04月14日 22:48
ひょ〜〜!
電気を流すように痛いって、アレですね、低周波の肩揉み器、アレの凄い版、しかもそれが身体の中で起こってるってことですよね(稚拙な例えで申し訳ないっ)・・いやぁ、それは辛いでしょうねぇぇぇ・・!!トッティの、そんな中でサッカーするってのもどえらいことですが、痛い中でのデスクワークってのもなかなかに拷問ぽい・・(激汗)
とりあえず治療の効果あって本当によかったですね!!
私は幸いにして今まで腰痛とは無縁で過ごしてはおりますが、時々ヒザが痛くなることがあります。でもそれくらいで済んでるからラッキーですね。まぁそれでイイ気になって無茶なことしないようにしないとなぁ。
これからアクティブな季節になりますから、oka様もお気をつけてくださいねー、本当に!

あ!そうそう!職場のメタボリック&シニア(涙)な人々が集まって、噂の通販グッズ「ビ○ーズ・○ートキャンプ」を買うことになりまして。さてどんな感じなのか楽しみです。またお知らせしますねっっ♪
Posted by まーる at 2007年04月14日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38579489

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。