2007年07月01日

★06-07シーズンを振り返ってみた!★まーるからバルサのみんなへ『いろんなもん贈っちゃいま賞』の発表!第1弾★

ということでー。
とにもかくにも1シーズンを終えた今、頑張ってくれたバルサのみんなに対して感謝の気持ちでいっぱいなわけですが、そんな中、シーズン中から常々「お贈りしたいっ!!」と思っていた各賞を、遅ればせながらバルサのみんなへお贈りしたいと思いマス。


まずは!

太もも of the year 06-07

の発表からっ!

これはもう、なにがなんつってもこの方へ!
失点シーンや、思い出すだけでも辛い(ほんとか!?)オウンゴールのシーン、必ずと言っていいほど短パンまくりあげてくれたこの方の、その心意気を買って買って買いまくってのこの賞!(意味不明)
涙なくして語れない今の状況を嘆きつつ、猛烈に励ましたいとの気持ちをこめまして、「炎のカピタン」カルレス・プジョルに捧げます!

73363293.jpg
(うぅ〜ん、いいねぷじょるぅ〜、ポーズ変えてみよっか〜)


decopuyol.bmp
(太ももはこうして作られているのですね)


_archivo55_photo_10_1_1_20070508_yba06f3.tif
(「太もものラインのことだけど・・」って言ってない言ってない)

_archivo55_photo_10_1_1_20070422_YBA13F1.tif
(「あの太もも、いいな・・・」って思ってない思ってない)


この一年、走りまくってぶつかりまくって、ときにはチョップや喉輪まで食らいつつ、正味「必死」な勢いでゴール前を守り続けたプジョル。
すわ、トラブルか?!という時には真っ先に駆けつけてヤバい子(はっきりデコだと言え〜!)を制止しーの、審判に抗議しーの、間とりもちーので大忙しだったりーの、ということも多々ありましたねぇ。

例えばリーガ第10節サラゴサ戦のモッタ退場事件、あのときはモッタちんがただミリート弟の胸元を払っただけなのに、なぜかミリート弟が顔を押さえて倒れこんだものだから、線審動揺、主審思わずジャッジミスという、まったくもって試合ぶち壊しだったわけですが。そのほかにもいろいろあったけど。来季は審判の方にももうすこししっかりしてもらいたいなぁと思いますね。

そして。
ピッチの外でも頑張り続けてきたプジョル。どうしたらプジョルみたいに真摯に、情熱を持って生きられるのか。凄い。ホントーに凄いよプジョル。頭が下がりっぱなしで上がりません(涙)
・・・にしてもそんなプジョルにこんな賞、、、許されるのか?!
続きを読む


posted by まーる at 11:40| Comment(6) | TrackBack(0) | Barca | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。